Select Your Region

北米

中南米

欧州

中東

アフリカ

ロシア

India

環太平洋

オーストラリアおよびニュージーランド

  • Australia and New Zealand
  • English

JLG、売り上げ増大

2013年8月6日

ペンシルベニア州マッコネルズバーグ - JLGの高所作業台とテレハンドラーの売上高は、6月30日までの9ヶ月間で合計19億5千万ドルに達し、前年同期比で14%の伸びを示しました。

アクセス機器メーカーである同社は、ペンシルベニア州フルトン郡最大の雇用者です。親会社である米オシュコシュ社は、6月30日、同会計年度の第3四半期の結果を発表しました。

オシュコシュ社は新しいニュースリリースにおいて、JLGの売り上げ増加分により、防衛セグメントの売り上げ減少を相殺可能であることを示唆しました。オシュコシュ社の第3四半期の純利益は1億4,840万ドル、すなわち希薄株1株あたり1.67ドルとなりました。

「特に、アクセス機器セグメントは、高売り上げとこの四半期で16%以上に達しつつある高い営業利益率によって抜きん出た存在になっている。防衛チームも、連邦国防予算の削減という逆風が続く中でしっかりとした結果を出した」と、オシュコシュ社最高経営責任者チャールズ・L・ ジュースがニュースリリースのなかで語っています。

第3四半期の業績の結果として、年間を通じた予想1株あたり当期純利益の調整値は、3.60 ~ 3.70ドルでした。

ニュースリリースは、アクセス機器が、北アメリカの代替需要、価格上昇、およびアフターマーケットのパーツおよびサービスの売り上げの恩恵を受けているとしています。

アクセス機器セグメントの営業利益は、2013会計年度の第3四半期に75.1%増加し、1億5,450万ドルに達しました。これは、2012年度第3四半期の営業利益8,820万ドルと比較したものです。

JLGは、マッコネルズバーグの製造工場とヘイガースタウンの事務所棟で2,000名を雇用しています。公開された資料によれば、全世界のJLGの従業員は4,500名です。

ペンシルバニア州フランクリン郡のクレーンメーカーであるマニトワック社も、最新の四半期売り上げが上昇していると公表しています。同社は、ニュースリリースにおいて、2013年第2四半期の売り上げが10億5千万ドルに達し、2012年第2四半期と比較して5%上昇したと発表しています。

このニュースリリースでは、「この売り上げ上昇は、第一に、クレーンセグメントの売り上げが7.6%上昇したことで押し上げられたものだ」としています。

ペンシルベニア州シェーディーグローブのマニトワック社は、以前のグローブ・ワールドワイド社で、フランクリン郡最大の雇用主です。

フランクリン郡地域振興社のL・ マイケル・ロス社長は、JLG社とマニトワック社の名は世界中に知られていると言います。この地域は、単にJLG社とマニトワック社による直接の雇用だけではなく、そのサプライチェーン内の取引によっても潤っているとも語っています。

「この2社は、地域経済の礎石なのだ」とロスは言います。

一般にメーカーはブルーカラーの仕事だと思われやすいが、両社とも経営幹部に至る「あらゆる職種すべて」の人々を雇用しており、たとえばマニトワック社では従業員2,000名の1/3は製造フロア外で働いている、と言います。

「両社とも下請け企業については世界的なアウトソーシングを取り入れているが、さらに重要なのは、正しい道に進むことによって、製品設計、製造、およびサービスの最先端に立ち続けていることだ。現在は建設業の世界的ルネッサンスの時代なのだ」とロスは語っています。

プレスリリースアーカイブ

JLGインダストリーズ社は、高所作業用機械の設計、製作、販売において、世界トップクラスの地位を確立しています。 当社の多岐にわたる製品ラインナップには、JLG®高所作業プラットフォーム、JLG、SkyTrak®およびLullll®テレハンドラーなど、業界トップクラスのブランドが含まれるほか、これらの製品の汎用性と効率性を高める豊富なオプションを数多くご用意しております。 JLGは、Oshkosh Corporation社 (オシュコシュ社) [NYSE: OSK]の子会社です。
Oshkosh Corporation社