Select Your Region

北米

中南米

欧州

中東

アフリカ

ロシア

India

環太平洋

オーストラリアおよびニュージーランド

  • Australia and New Zealand
  • English

JLG、インターエアポートヨーロッパ(Inter Airport Europe)に出展

2013年9月2日
オランダ、ホーフドルプ — 2013年8月15日 — オシュコシュコーポレーション[NYSE:OSK]の1社であり、高所作業台と伸縮型資材ハンドラーのリーディングメーカーである米JLGインダストリーズ社は、10月8日から11日まで、ドイツ・ミュンヘンで開催される「インターエアポートヨーロッパ(Inter Airport Europe)」に製品を出展します。 
  
これは、今年早くにミュンヘンで開催された建機見本市「BAUMA」において発表されたもので、JLGリフトモデル740AJが世界屈指の空港用機器見本市「インターエアポートヨーロッパ」に復帰することになります。JLG 740AJは、航空機の上および周囲のメンテナンス作業に特化した機械で、 屈折式のブームとジブを備え、オペレーターが航空機表面の広い範囲にアクセスできるよう、正確な位置取りを提供します。 
  
740AJは、使用者の命綱およびフルハーネスとともにプラットフォーム上部外周を移動できるハーネス連結専用のアタッチメントを標準で備えています。落下防止拘束能力とともに、このアタッチメントにより、オペレーターの作業安全をプラットフォーム外周の270度の半径1.83 mの範囲内で確保します。このシステムにより、プラットフォーム周辺の作業範囲5.65 m x 4.35 mが確保され、作業範囲の面積は19.5 m²となります。 
  
加えて、740AJはジェットブラストの業界基準ARP1328に適合している。これは、144.84km/h(90mph)の突風を考慮したもので、これにより、740AJを、ターミナルを取り囲むエアサイド開放空間のほとんどに配置できます。 
  
さらに、740AJには「ソフトタッチ(Soft Touch)」をオプションで選択できます。これは、航空機のメンテナンス中の機体への不意の接触とそれによる機体破損の危険を抑制するものです。このシステムには、プラットフォーム下部のパッド付きのセンシングレールがあり、作動するとプラットフォームを動作不能にします。   
740AJは、作業時の最大高24.60 m、最大乗越え高さ7.65 m時の水平到達15.80 mの能力を備えています。1.83 mのジブの垂直屈折範囲は130 °です。 
  
さらに、JLGはトゥーカンマストブームリフトも出展予定です。これはJLGの垂直昇降型マストリフトのうち電動の製品群で、高性能、効率、耐久性を兼ね備えているます 
  
「JLGトゥーカンシリーズは、その高性能で知られている」と語るのは、JLGインダストリー社EAME地域マーケティング担当取締役のロバート・モンテバンです。「2008年の顧客調査を通じて、10Eの開発のガイドとなる勧告を多数受け取った。2010年のトゥーカン8Eの追加、さらに2013年4月の12メートルモデルの追加により、今やこのシリーズは、水平に伸ばすことが必要な屋内および屋外の各種用途を広範囲にカバーしている」とも言います。 
  
コンパクトな新型トゥーカン12Eモデルは、作業時の高さ12 m、作業時の水平到達距離5.10 mで、屋内作業でも屋外作業でも2名の作業者を収容できます。12E+は、作業時の高さ12.7 mですが、作業時の水平到達距離は6.10 mまで伸ばされています。両モデルとも、小さい外形寸法(長さ最大3.65 m、幅1.20 m、収納時の高さ2 m未満)により、狭い混雑した区域でも移動可能です。 
  
クラス最高レベルのランタイムとブラシレスACモーター使用の直接電気駆動により生産性が向上しています。 AC駆動モーターにより正確な回転数制御が可能であり、次回充電までの作動時間が長く、トゥーカンシリーズは極めて生産性の高い高効率の 製品になっています。加えて、両モデルとも、最低地上高が10 cmと高く、段差、小さな傾斜面、およびランプでも移動できます。最大乗り越え角度と登坂能力は25°で、トラックまたはトレーラーへの積み卸しの際に役に立ちます。

 作業高さが低い場合、狭い空間や重量制限のある用途の場合、JLGの「ウルトラコンパクト」電動マストリフトモデル1230ESが好適です。作業床高さ3.66 mのこのモデルにより、日常の屋内修理およびメンテナンス作業時のアクセスが便利になります。 1230ESは、トレーラーまたは小型トラックに積載して容易に移動でき、ほとんどの工業用エレベーターの狭い入口や内部でも問題なく積み込みができ、高所で使用する場合のクレーンでの吊り上げも容易です。 外形寸法は長さ1.36 m、幅0.76 m、収納時の高さ1.66 mとコンパクトです。 

JLGまたはJLG製品についてのその他の情報は、JLGスタンドC96(屋外エリア)を見学するか、www.jlgeurope.comを参照してください。

プレスリリースアーカイブ

ホームニュース&イベントプレスリリース2013jlg-インター-エアポート-ヨーロッパ
JLGインダストリーズ社は、高所作業用機械の設計、製作、販売において、世界トップクラスの地位を確立しています。 当社の多岐にわたる製品ラインナップには、JLG®高所作業プラットフォーム、JLG、SkyTrak®およびLullll®テレハンドラーなど、業界トップクラスのブランドが含まれるほか、これらの製品の汎用性と効率性を高める豊富なオプションを数多くご用意しております。 JLGは、Oshkosh Corporation社 (オシュコシュ社) [NYSE: OSK]の子会社です。
Oshkosh Corporation社