Select Your Region

北米

中南米

欧州

中東

アフリカ

ロシア

India

環太平洋

オーストラリアおよびニュージーランド

  • Australia and New Zealand
  • English

JLGがWorld Workplace 2012でリフト機器を展示

2012年7月2日
オシュコシュ社[NYSE:OSK]の1社で、高所作業台および伸縮型資材ハンドラーのリーディングメーカーであるJLG Industries社は、2012年10月31日から11月2日に、米国、テキサス州サンアントニオのHenry B. Gonzalezコンベンションセンターで開催される、International Facility Management Association (国際施設管理協会:IFMA) World Workplace 2012コンファランス&エキスポで、LiftPod®パーソナルポータブルリフト、コンパクトクローラブームおよび垂直昇降型リフトを含むさまざまなリフト機器をブース782にて展示します。

LiftPodは、はしごの可搬性に、作業プラットフォームの安定性を組み合わせた製品で、あらゆる高さで作業する施設の専門家に、生産的かつ手頃な価格の携帯型のソリューションを提供します。会場では、FS60およびFS80モデルを展示します。作業時の高さがFS60で3.66 m(12 ft)、FS80で4.27 m(14 ft)で、囲いのついた安定したプラットフォームにより、360度の可動域で、両手を自由に使うことができます。

さらに、各モデルは軽量であるため、一人で移動させることもできます。両モデルは3つの軽量の構成部品から成り、各構成部品は約22.7 kg(50 lb)であるため、30秒以内で組立/解体を行うことができます。最大で15 kg(33 lb)のツールおよび資材を保持することができる取付可能な作業トレー付き。LiftPodの定格積載荷重は149.7 kg(330 lb)です。解体すると、LiftPodはほとんどの積み込みトラック、バンまたはSUVの後部に積める大きさであるため、作業現場間の移動にも大変便利です。LiftPodは18ボルトのコードレスドリル、または上昇を簡単にするために、オプションの電源パックから電源供給を行えます。

他に展示される機器には、作業高の範囲が13.72 m(45 ft)から23.16 m(76 ft)まであるJLG® コンパクトクローラブームです。階段を上る間隔に調整されたホイールキャリッジおよび幅の狭いシャーシを採用しているため、門、庭、標準の出入り口および公共のビルなどのアクセスも楽です。軽量かつゴム製のクローラにより操縦性が高く、コンパクト設計であるため輸送が簡単です。

JLGのブースを訪れる方は、20MVL 垂直昇降型マストリフトもご覧いただけます。5種類のプラットフォームのオプションがあり、独自の「クイックチェンジ」マウントを採用しているため、1分間での展開を可能にします。JLG Point & Go® 制御システムは、単一のジョイスティックコントロールを使用し、回転半径がゼロであるため、スムーズな走行およびリフト操作が可能です。また、丈夫な陽極酸化処理されたマストによりオペレーターに快適性と安定性を提供します。

プレスリリースアーカイブ

JLGインダストリーズ社は、高所作業用機械の設計、製作、販売において、世界トップクラスの地位を確立しています。 当社の多岐にわたる製品ラインナップには、JLG®高所作業プラットフォーム、JLG、SkyTrak®およびLullll®テレハンドラーなど、業界トップクラスのブランドが含まれるほか、これらの製品の汎用性と効率性を高める豊富なオプションを数多くご用意しております。 JLGは、Oshkosh Corporation社 (オシュコシュ社) [NYSE: OSK]の子会社です。
Oshkosh Corporation社