Select Your Region

北米

中南米

欧州

中東

アフリカ

ロシア

India

環太平洋

オーストラリアおよびニュージーランド

  • Australia and New Zealand
  • English

JLG、AIHce2011でLiftPod®を実演

2011年5月8日
ペンシルベニア州マッコネルズバーグ(2011年5月9日) — 本日、Oshkosh Corporation [NYSE:OSK]の子会社で、高所作業台と伸縮型資材ハンドラーの大手メーカーであるJLG Industries, Inc.は、オレゴン州ポートランドのオレゴン・コンベンションセンターで2011年5月16~18日に開催される、米国産業衛生会議・展示会(AIHce2011年)のJLGブース番号2047でLiftPod®製品ラインの個人のポータブルリフトを実演します。 
  
LiftPodの2モデルFS60とFS80がJLGブースで目立つように展示されます。両モデルは、はしごの可搬性と作業台の安定性を兼ね備え、1人で持ち運びできます。さらに、両モデルは、作業者が360度の可動域を手を使わずに動くことができます。LiftPodは分解すると、ピックアップトラック、バン、またはSUVの後部に収まり、作業現場間の移動に便利です。LiftPodは18ボルトのコードレスドリルまたはオプションの電源パックキットで動作し、簡単に上昇できるようになっています。 
  
「AIHce2011でFS60FS80を展示できることを嬉しく思っています。と言うのも、産業衛生、環境衛生、および安全の分野における重要な意思決定者にLiftPodをご紹介できる機会であるからです。」とランディー・マージコラJLG Industries販売ルート開発担当ディレクターは述べています。「LiftPodは可搬性、多様性、および安全機能をすべて兼ね備え、しかも低所有費用であるため、種々の業種にわたり組織の役に立つと確信を持っています。ですので、参加者にLiftPodを実演できることを楽しみにしています。」 
  
LiftPodの最新モデルFS60のベースは76 cm (30 in)なので、オペレーターは、機器を分解せずに出入口を通過させることができます。作業時の高さが3.66 m (12 ft)、直立時の高さが1.8 m (6 ft)のFS60は、可動性向上のためノンマーキングの後部車輪になっています。FS80の作業時の高さは4.27 m (14 ft)で、直立時の高さは2.44 m (8 ft)です。両モデルは3つの軽量コンポーネントから構成されており、いずれの重量も約22.7 kg (約50 lb)で、30秒未満で簡単に組立・分解できます。工具や資材を最高15 kg (33 lb)まで載せられる取付可能な作業トレーも含まれており、機器の定格積載荷重は149.7 kg (330 lb)です。 
  
AIHceは環境安全衛生専門家にとって重要な業界イベントです。業界内の重要な話題についての知識向上を目的とするこの会議・展示会には、5,000人以上の産業安全衛生担当者の参加が予想されています。6日間にわたり、700を超えるコース、セッション、講演、ワークショップ、討論会が行われる予定です。 
  
JLGLiftPod®の詳細は、www.liftpod.comをご覧ください。

プレスリリースアーカイブ

JLGインダストリーズ社は、高所作業用機械の設計、製作、販売において、世界トップクラスの地位を確立しています。 当社の多岐にわたる製品ラインナップには、JLG®高所作業プラットフォーム、JLG、SkyTrak®およびLullll®テレハンドラーなど、業界トップクラスのブランドが含まれるほか、これらの製品の汎用性と効率性を高める豊富なオプションを数多くご用意しております。 JLGは、Oshkosh Corporation社 (オシュコシュ社) [NYSE: OSK]の子会社です。
Oshkosh Corporation社