Select Your Region

北米

中南米

欧州

中東

アフリカ

ロシア

India

環太平洋

オーストラリアおよびニュージーランド

  • Australia and New Zealand
  • English

JLG、2011年安全性会議・展示会でLiftPodを実演

2011年6月6日
ペンシルベニア州マッコネルズバーグ(2011年6月7日) — 本日、Oshkosh Corporation [NYSE:OSK]の子会社であるJLG Industries, Inc.は、イリノイ州シカゴのマッコーミック・プレース・ウエストで2011年6月12~15日に開催される、米国安全性工学協会(ASSE) 2011年安全性会議・展示会の期間中、ブース番号968でLiftPod®個人のポータブルリフトの製品ラインを展示します。 
  
JLGブースで展示される新しいJLG FS60とFS80のLiftPodモデルは、 作業時の高さが3.66 m (12 ft) (FS60) または 4.27 m (14 ft) (FS80)で、安定性のある囲い付き作業台内で施設専門家が360度の可動域を全く手を使わずに動くことができます。 これらの機能に加え、各モデルとも安定性のある作業台を備え、軽量かつ可搬性に優れているので、1人で移動できます。 
  
両モデルは、3つの軽量コンポーネント(各約22.7 kg (50 lb))から構成されており、30秒未満で組立・分解できます。工具や資材を最高15 kg (33 lb)まで載せられる取付可能な作業トレーも含まれており、機器の定格積載荷重は149.7 kg (330 lb)です。LiftPodは分解すると、ピックアップトラック、バン、またはSUVの後部に収まり、作業現場間の移動に便利です。LiftPodは18ボルトのコードレスドリルまたはオプションの電源パックキットで動作し、簡単に上昇できるようになっています。 
  
「この非常に重要な安全性会議中にJLG LiftPodが提供する画期的な技術革新を実演することを楽しみにしています。」とランディー・マージコラJLG Industries販売ルート開発担当ディレクターは述べています。「あらゆる職場の安全が生産性の向上とリスクの低減につながると当社は硬く信じています。LiftPodは軽量かつ可搬性に優れているので、商業、産業、医療、教育、事務所ビル、ホスピタリティを含む、広範囲に及ぶ種々の用途における作業現場の全体的安全性に貢献できます。」 
  
新しいLiftPod® FS60は、様々な高さで作業する施設安全管理者が新しいソリューションを必要とする、事務所ビル、教育、ホスピタリティ、ヘルスケアの各市場のニーズに応えるように設計されています。 
  
FS60のベース幅は76 cm (30 in)なので、完全に組み立てた状態で簡単に室内の出入口を通って移動できます。 コンパクトなマスト高なので高さが2.44 m (8 ft)の天井の空間での作業時でもクリアランスがあり、ノンマーキングの後部車輪により狭い空間での可動性が増しています。 

JLGブースにはLiftPodのYouTubeチャンネルからの動画を再生するモニターも設置します。動画は、ヘルスケア施設や学校を含む、種々の用途における高所作業台を紹介しています。 
  
今年はASSE会議・展示会の100周年を記念し、環境安全衛生の製品とサービスを主とする400を超える出展者が参加します。毎年4,000人を超える専門家がこのネットワーキングと教育を提供する会議に参加します。

JLGLiftPod®の詳細は、www.liftpod.comをご覧ください。


プレスリリースアーカイブ

ホームニュース&イベントプレスリリース2011jlg-liftpod-安全性会議・展示会-2011年
JLGインダストリーズ社は、高所作業用機械の設計、製作、販売において、世界トップクラスの地位を確立しています。 当社の多岐にわたる製品ラインナップには、JLG®高所作業プラットフォーム、JLG、SkyTrak®およびLullll®テレハンドラーなど、業界トップクラスのブランドが含まれるほか、これらの製品の汎用性と効率性を高める豊富なオプションを数多くご用意しております。 JLGは、Oshkosh Corporation社 (オシュコシュ社) [NYSE: OSK]の子会社です。
Oshkosh Corporation社