Select Your Region

北米

中南米

欧州

中東

アフリカ

ロシア

India

環太平洋

オーストラリアおよびニュージーランド

  • Australia and New Zealand
  • English

JLG、1000台目のToucan 10Eを販売

2011年11月8日
オランダ、ホーフトドルプ(2011年11月7日) — 本日、Oshkosh Corporation [NYSE:OSK]の子会社で、高所作業台と伸縮型資材ハンドラーのリーディングメーカーであるJLG Industries, Inc.は、2009年の上市以来、1000台目のToucan 10E垂直昇降型マストリフトを販売したことを発表しました。 
  
作業時の高さが10 mの電動マスト式ブームリフトで、仕上げ床面をどこでも移動する能力を持つToucan 10Eは、2008年にオランダ、マーストリヒトで開催されたAPEXショーで発表されました。これは生産性と共に、革新的な機能によるメンテナンスと使用の簡素化をお届けしています。 
  
「3年前にToucan 10Eを売り出した時、当社は広範囲のお客様からのフィードバックを導入し、実際に使用者を念頭に置いて製品を設計しました。」とロバート・モンテバン欧州・アフリカ・中東マーケティング担当ディレクターはコメントしました。同氏は次のように続けました。「JLG Toucanの製品グループはその性能で有名ですが、お客様に対する調査を通して新しいToucan 10Eの開発指針にした数々の推薦事項を手に入れました。それ以来、1,000台以上のモデルが製造販売されたという事実は、明らかにその成功を証明しています。」 
  
2010年、JLGは、JLG トゥーカンシリーズの電動式製品グループに最近追加された製品としてToucan 8Eを発表しました。両モデルとも多くの状況におけるアクセスが向上されています。作業時の高さは8 mと10 mで、障害物を避けて最高3.10 mまでアクセスでき、また345度のターンテーブル回転台が装備されているので、より多くの作業域にアクセスできます。トゥーカンシリーズの優れた多様性は、このアクセス範囲によるものです。プログラムをマストに接続するジブは垂直昇降を行い、トゥーカンシリーズに上昇後水平移動できる能力を提供しています。 
  
JLGトゥーカンシリーズはフランス、トナンスのJLGの施設で開発製造されました。JLGについての詳細は、当社ウェブサイトwww.jlgeurope.comをご覧ください。

プレスリリースアーカイブ

JLGインダストリーズ社は、高所作業用機械の設計、製作、販売において、世界トップクラスの地位を確立しています。 当社の多岐にわたる製品ラインナップには、JLG®高所作業プラットフォーム、JLG、SkyTrak®およびLullll®テレハンドラーなど、業界トップクラスのブランドが含まれるほか、これらの製品の汎用性と効率性を高める豊富なオプションを数多くご用意しております。 JLGは、Oshkosh Corporation社 (オシュコシュ社) [NYSE: OSK]の子会社です。
Oshkosh Corporation社