Select Your Region

北米

中南米

欧州

中東

アフリカ

ロシア

India

環太平洋

オーストラリアおよびニュージーランド

  • Australia and New Zealand
  • English

JLG、CONEXPO-CON/AGG 2011年で製品やパートナーシップを発表

2011年3月13日

ペンシルベニア州マッコネルズバーグ(3月14, 2011年) — 本日、Oshkosh Corporation [NYSE:OSK]の子会社であるJLG Industries, Inc.は、ネバダ州ラスベガス・コンベンションセンターで2011年3月22~26日に開催されるCONEXPO-CON/AGGで、業界初45.72 m (150 ft)ブームリフトを含め、画期的な新製品やパートナーシップを発表します。 

「JLGはCONEXPO-CON/AGGに最新の製品を紹介できることを大変嬉しく思っています。」とクリス・メロットJLG Industries北中南米販売・市場開発担当副社長は述べています。「このイベントは、作業現場における安全性、信頼性、効率に対するJLGの努力を実証する、画期的な新製品とパートナーシップを業界に発表するための国際舞台となります。」 
  
JLGが紹介する新製品リストで先頭に位置する1500SJは、初めての直伸型ブームリフトで、オペレーターを45.72 m (150 ft)まで上昇し、移動には重量許可だけが必要です伸縮型ジブは、作業範囲の柔軟性と、卓越した水平・垂直作業範囲を提供し、7.62 m (25 ft)まで延びます。さらに、市販されている超大型自走式伸縮型ブームリフトとして、1500SJは、業界最高の地形対応能力と、業界最良の作業範囲でより多くの高所へのアクセスとをお届けしています。すべてのウルトラブームと同じく、1500SJは、安全な作業台の配置に役立つ、454/227 kg (1,000/500 lb)の2種類の容量、3種類のステアリングモード、最新システムを装備しています。 
  
JLGはブース番号210で 
  
340AJを含め、その他の新製品とパートナーシップをご紹介します。最新の340AJは従来のJLG高所作業台の全機能を含み、所有費用も低くなっています。リフトは、容量227 kg (500 lb)、リフトの高さ10.36 m (34 ft)、上昇後の水平作業範囲6.1 m (20 ft)に加えて、耐久性が強化されたスチールフード、環境に優しいTier 4ディーゼルエンジンを装備し、業界最良の地形対応能力を誇ります。 
  
コンパクトクローラブーム – 作業時の高さが13.72~22.86 m (45~75 ft)の範囲の3モデルで市販されているまったく新しいJLG コンパクトクローラブームは、階段を上る装軌車台と、ゲート、庭、標準的な出入口、公共の建物、公共建物などを通れる幅の狭い車台を装備しています。この軽量機器は、容量200 kg (440 lb)、最高11.3 m (37 ft)の水平作業範囲、効率的な燃料消費のための、環境に優しい電動・電動・内燃併用動力を備えています。 
  
Toucan® – Toucan T26Eの新しい直接電気駆動は、バッテリー寿命を延長し、より多くのデューティサイクルを提供するため、オペレーターは作業をより長く続けることができます。さらに、向上したJLG式制御装置でオペレーターは狭い空間内で障害物を避けて上昇でき、ACモーターなので静かな動作と低メンテナンス費が確保できます。 
  
スチールフード – 2010年10月1日より後に製造され大半のJLGエンジン式ブームリフトは、より耐久性に優れ、修理が簡単な新しいスチールフードを装備しています。新しいフードは長期的に色あせ難く、耐溶接性があるので、メンテナンス費を最小限に抑えるのに役立ちます。2010年10月4日より前に製造されたエンジン式ブームリフト用に工場認定レトロフィットキットが市販されます。 
  
ファイアストンタイヤ – 最近、JLGとBridgestone Americasオフロードタイヤ部門は、まったく新しいファイアストンDuraForce MHHタイヤを共同開発しました。その結果、JLGテレハンドラーの3つの製品ラインすべては、現在、この新しく改良されたタイヤのみを装備しています。このタイヤは、今までのものより最高3倍長持ちするので在庫維持費を削減し、側壁損傷を減らすためにさらに低い形状になっており、また地形対応能力向上のためユニークなセルフクリーニングトレッド設計が採用されています。このタイヤを展示するため、ブースにはインディ・ファイアストン・レーシング用レーシングカーが展示されます。 
  
FS60LiftPod – LiftPod®ラインの高所作業台に加えられたこの最新モデルは、はしごの可搬性と作業台の安定性を兼ね備えています。LiftPodのベースは76 cm (30 in)なので、オペレーターは、機器を分解せずに出入口を通過させることができます。FS60は、作業時の高さが3.66 m (12 ft)、直立時の高さが1.8 m (6 ft)であるので、作業者は360度の可動域を全く手を使わずに動くことができます。 
  
3年に1回開催されるCONEXPO-CON/AGGでは、建築業界用の最新の機器、製品、サービス、技術が展示されます。このイベントには2,000を超える展示者が参加し、業界の課題・トレンド、管理応用技術、製品集中領域などに重点を置いた総合的な教育プログラムが提供され、来訪者は何百もの新製品や技術を含め、自分に興味のある特定の製品、サービス、展示者を簡単に見つけられます。 
  
JLG製品についての詳細は、当社ウェブサイトwww.jlg.comをご覧ください。

プレスリリースアーカイブ

ホームニュース&イベントプレスリリース2011jlg-新-製品-パートナーシップ-conexpo-2011年
JLGインダストリーズ社は、高所作業用機械の設計、製作、販売において、世界トップクラスの地位を確立しています。 当社の多岐にわたる製品ラインナップには、JLG®高所作業プラットフォーム、JLG、SkyTrak®およびLullll®テレハンドラーなど、業界トップクラスのブランドが含まれるほか、これらの製品の汎用性と効率性を高める豊富なオプションを数多くご用意しております。 JLGは、Oshkosh Corporation社 (オシュコシュ社) [NYSE: OSK]の子会社です。
Oshkosh Corporation社